太陽光発電の装置は主に住宅の屋根に取り付けます。太陽光パネルは屋根に固定しないと雨や雪、風などで、ずり落ちてしまう危険性があります。

そこで取付金具をビスによって直接固定したので、せっかくの屋根に穴を開け、しかも施工の際には細心の注意が必要でした。

また屋根に穴を空けることは大きなリスクを伴います。

その箇所が老朽化してくると隙間ができ、雨漏りする可能性があるのです。

 屋根に穴を開ける  雨漏りした様子

 

では雨漏りしないようにはどうしたらよいのでしょうか。

実はその問題を回避する施工方法があるんです。

この取付方法では屋根に穴を開けないため、太陽光発電装置の設置による雨漏りは絶対に発生しません。

この屋根に穴を開けない取付方法こそがキャッチ工法です!

 

キャッチ工法

 

雨漏りしたら大変!住宅用太陽光発電システム穴をあけないキャッチ工法